【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は13日、世界が抱える債務が2017年に184兆ドル(約2京円)に膨らみ、過去最大を更新したと発表した。世界の国内総生産(GDP)の約2.25倍に当たる。米国と中国、日本で世界債務の半分以上を占めた。

 最新のデータを盛り込み、10月に発表した182兆ドルから拡大した。日米欧では中央銀行がリーマン・ショックへの対応で資金を供給する大規模な金融緩和策を実施し、債務が膨張している。