【ニューヨーク共同】11日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午後5時現在、前日比12銭円安ドル高の1ドル=108円50〜60銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1.1468〜78ドル、124円39〜49銭。

 朝方は、米長期金利の低下を受けて1ドル=108円前半をつけた。その後は週末を前に持ち高を調整するための円売りドル買いが優勢となった。