【ニューヨーク共同】米通信大手AT&Tによる米メディア・娯楽大手タイム・ワーナーの買収を巡り米司法省が競争が阻害されるとして差し止めを求めた裁判の控訴審判決で、米連邦高裁は26日、買収を容認した一審判決を支持した。司法省は同日、声明で上訴しない方針を明らかにした。

 米連邦地裁は昨年6月、司法省側の訴えを退け買収を容認する判断を示した。司法省側が昨年7月に上訴したが今回も退けられた。

 AT&Tは2016年、傘下にCNNテレビや有料テレビのHBOなどを擁するタイム・ワーナーを854億ドル(約9兆4600億円)で買収すると発表。昨年6月、買収手続きを完了した。