王子ホールディングス(HD)は28日、矢嶋進社長(67)の後任に加来正年取締役(63)が4月1日付で昇格する人事を発表した。三菱製紙との資本業務提携など経営に一定のめどが付いたため、経営の若返りを図る。矢嶋氏は代表権のある会長に就く。

 加来 正年氏(かく・まさとし)九大卒。78年日本パルプ工業(現王子HD)。執行役員などを経て13年6月から取締役。福岡県出身。