警備大手のALSOKは28日までに、傘下のALSOK兵庫の元社員が不適切な動画を撮影し、会員制交流サイト(SNS)に投稿していたと発表した。元社員は2月下旬に退職。今後の対応については未定という。

 動画では制服を着た元社員が、車両を運転中に、合図を出した方向とは逆に曲がる様子や、不要なクラクションを鳴らす姿が写っている。

 2月中旬ごろ、ALSOKの社員がインターネット上で見つけ、発覚した。同社は「事態を重く受け止め、グループ会社を含めた再発防止に取り組む」とコメントした。