2020年春に卒業予定の大学3年生らを対象にした主要企業の会社説明会が1日解禁となり、就職活動が本格的にスタートした。経団連の指針では面接などの選考活動解禁は6月1日で、本格始動から3カ月の短期決戦となる。人手不足を背景に企業の採用意欲は旺盛で学生優位の売り手市場が継続。学生の間では残業時間や休日取得など働く環境への関心が高まっている。

 東京、名古屋、大阪など主要都市で開催の合同企業説明会では、採用担当者が自社の魅力をアピール。正式な内定の解禁は10月1日で、4年連続で同じスケジュールとなる。