ローソンの竹増貞信社長は7日、コンビニの24時間営業について「時短営業の要望があれば対応する」と話し、フランチャイズ(FC)加盟店の個別の要望によって、営業時間の短縮を認める方針を示した。東京都内で開いたメディア懇親会で語った。

 全国に約1万5千店あるローソンでは店ごとの事情に応じ、現在40店舗で営業時間を短縮している。一方、竹増氏は「24時間営業は基本。(見直しを)決断するタイミングではない」と話し、終日オープンの原則は変えない意向も示した。

 業界ではファミリーマートが既に時短営業の実験を進めている。