【ワシントン共同】トランプ米政権は11日、2020会計年度(19年10月〜20年9月)の予算編成方針を示す予算教書を発表した。国防費を中心に歳出の増額を要求。19年度から4年連続で財政赤字が1兆ドル(約111兆円)を超えると見込んだ。

 20年度の歳出要求額は4兆7460億ドルで、歳入は3兆6450億ドル。赤字は1兆1010億ドル。物価上昇の影響を除いた実質経済成長率の見通しは19年を3.2%、20年を3.1%とし、高成長が続くとしている。

 米政府高官は財政収支の見通しについて、高い経済成長を維持すれば税収も増え、15年後に黒字化するとの認識を示した。