ロボットや人工知能(AI)などの先端技術を農業現場で活用する「スマート農業」の推進に向け、北海道大と北海道岩見沢市、NTTグループは28日、産官学連携協定を結んだ。高速大容量の第5世代(5G)移動通信システムを活用した自動運転トラクターの開発などに取り組み、就農人口の減少や高齢化といった課題の克服を目指す。

 協定では、北大が無人のロボットトラクターの遠隔制御技術などを開発し、岩見沢市は農家の要望を集約して提供。NTTグループはAIや情報通信といった技術面で協力し、5Gの通信環境を整備する。