財務省の武内良樹財務官は5日、東京外国為替市場で一時1ドル=105円台まで円高が進んだことに関し「やや神経質な動きが見られる」と述べた。政府と日銀による情報交換会合の終了後、記者団の取材に応じた。