【ニューヨーク共同】10月31日のニューヨーク外国為替市場の円相場は、米中貿易協議への懸念から相対的に安全な通貨とされる円を買ってドルを売る動きが優勢となり、一時1ドル=107円92銭をつけた。約3週間ぶりの円高ドル安水準。

 午後5時現在は前日比83銭円高ドル安の1ドル=107円97銭〜108円07銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1.1146〜56ドル、120円37〜47銭だった。