【ニューヨーク共同】13日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は上昇し、前日比92.10ドル高の2万7783.59ドルと、過去最高値を更新して取引を終えた。幅広い銘柄で構成するSP500種株価指数も2.20ポイント高の3094.04と続伸し、過去最高値を更新した。

 娯楽・メディアのウォルト・ディズニーの上昇率が7%を超え、相場全体を押し上げた。前日に米国などで始めた定額の動画配信サービス「ディズニー+(プラス)」の登録者が1千万を超えたことが好感された。一方で、米中貿易協議への警戒感が重しとなった。