江藤拓農相は24日、沖縄県の玉城デニー知事と農林水産省で会談し、豚コレラ(CSF)のワクチン接種推奨地域に沖縄県を同日中に追加する方針を表明した。玉城氏が一層のまん延と養豚業への打撃を防ぐため、飼育中の豚にワクチンを接種したい意向を示し、推奨地域への早期指定を求めたのに応じた。

 江藤農相は会談で「有識者会議を開いて推奨地域に指定する」と説明し「接種プログラムを策定していただければ接種の段階に入る」と述べた。玉城氏は会談後の記者団の取材に「安心・安全を確保するには接種が必要。非常にありがたい」と話した。