任天堂の主力ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の累計出荷台数が19年12月末時点で5248万台となり、1990年代にヒットした「スーパーファミコン」を超えたことが分かった。