スズキは1日、ブレーキなどの検査不正問題で、道路運送車両法違反による過料を納付したと明らかにした。金額は非公表としている。1億9千万円程度と過去最大だった可能性がある。過料は行政罰の一種で、国土交通省が昨年6月、静岡地裁に適用を通知していた。

 過料は1台当たり30万円以下と定められており、今回は特に重大な違反が確認された655台を対象とした。過料の適用を求めた台数は日産自動車やSUBARU(スバル)で発覚した検査不正を上回り過去最多だった。スズキは昨年11月に過料を納付したという。