週明け3日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=108円台後半で取引された。円高に振れ、朝方には108円台前半に上昇する場面があった。

 午後5時現在は前週末比41銭円高ドル安の1ドル=108円62〜63銭。ユーロは06銭円安ユーロ高の1ユーロ=120円29〜33銭。

 新型コロナウイルスによる肺炎の感染拡大で、世界経済が停滞するとの懸念から、比較的安全な通貨とされる円を買い、ドルを売る動きが優勢となった。上海株式市場が取引を再開し、連休前に比べて一時8.7%下落したが、為替相場への影響は限定的で午後は膠着状態の値動きとなった。