【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟国とロシアなど非加盟の産油国でつくる「OPECプラス」が、原油協調減産の削減幅を日量50万バレル拡大する案を検討していることが3日、明らかになった。