【ニューヨーク共同】グーグルやアップルなど「GAFA」と呼ばれる米IT大手4社の2019年10〜12月期決算が3日、出そろった。売上高は全社が過去最高を更新。純利益の合計は前年同期と比べ12%増の435億2400万ドル(約4兆7千億円)となった。デジタル化の波に乗り成長するGAFAに投資マネーが集まっている。

 米調査会社ファクトセットによると、3日時点で4社の株式時価総額は計約3兆9千億ドル(約430兆円)。日本企業の時価総額上位4社(トヨタ自動車、NTT、NTTドコモ、ソニー)の8倍近くに相当する。