赤羽一嘉国土交通相は4日、東京五輪・パラリンピック期間中の渋滞対策として、首都高速道路の料金を時間帯によって変動させる「ロードプライシング」の導入を許可した。首都高は選手らが移動で利用する。競技に影響する時間帯の午前6時〜午後10時はマイカーの通行料金に千円を上乗せする一方、午前0〜4時は半額にする。

 期間は五輪開会式に先立つ7月20日から閉会式翌日の8月10日までと、パラリンピック開会式の8月25日から閉会式の9月6日までの計35日間。

 自動料金収受システム(ETC)を搭載している場合、首都高の都内区間を通行する自家用、社用の乗用車が上乗せの対象。