経済産業省は12日、消費税増税に伴うキャッシュレス決済のポイント還元制度への登録が11日時点で101万3839店になったと発表した。昨年10月の制度開始から4カ月強で、全国の対象となる中小店約200万店の過半数を達成した。11日時点の申請数は約105万店で、順次登録を進めている。

 経産省によると、昨年10月1日の開始から12月23日までの12週間で、対象となる決済は総額約3兆3千億円、還元額は約1340億円に上った。総還元額のうち、5%の還元率となっている中小企業の小売店などが約1130億円だった。