日本貿易会の中村邦晴会長(住友商事会長)は19日、新型コロナウイルスの感染拡大について「アジア全体のサプライチェーンに影響が出始めている。国内製造品でも中国の部品を使っているケースもあり、非常に心配している」との見解を示した。都内で開いた定例記者会見で語った。

 「中国全体での商社の活動は正常時に比べると今は相当落ちている」と指摘。代替品の調達が難しく、在庫調整で対応しきれないことへの懸念が高まっているという。

 国内経済への影響では「昨年の落ち込みがある程度回復すると予測していたが、感染の広がりはそこに輪を掛けて経済を落ち込ませている」と指摘した。