日本製鉄が東日本製鉄所君津地区(千葉県君津市)の高炉1基を一時休止する方向で調整していることが17日、分かった。新型コロナウイルス感染拡大の影響による自動車向けなどの鋼材需要減に対応する。

 日鉄は、東日本製鉄所鹿島地区(茨城県鹿嶋市)と関西製鉄所和歌山地区(和歌山市)でそれぞれ、高炉1基ずつを一時休止すると7日に発表したばかりだった。JFEスチールも同様に高炉の一時休止を決めており、鉄鋼業界の苦境が鮮明になっている。