ヤマハ発動機は24日、新型コロナウイルスの感染拡大による需要減などを理由に、5月18〜22日の5日間、全国の46拠点で一斉休業すると発表した。産業用ロボットなどを生産する一部の事業所は稼働を続ける。

 休業対象は、二輪車の生産拠点を含む12都道府県の工場や事業所、事務所で、社員は9千人超に上る。

 船外機を生産する袋井南工場(静岡県袋井市)、グループ会社のヤマハ熊本プロダクツ(熊本県八代市)では既に5月の操業取りやめを決めていたが、6月1〜15日の全稼働日も停止する。

 また2020年12月期連結決算について、純利益800億円などの従来予想を未定に変更した。