宅配便大手のヤマト運輸は11日、4月の宅配便取扱個数が前年同月比13.2%増の1億5599万個だったと発表した。新型コロナウイルス感染症の流行を受けた外出自粛で、日用品などのインターネット通信販売が増えたためとみられる。2016年2月(13.9%)以来、4年2カ月ぶりの高い伸び率となった。

 4月の取扱個数としては過去最高だった。ネット通販のほか、個人間の食品や日用品といった荷物のやりとりも増えたとみられる。

 荷物の増加により、一部地域で時間帯指定の配達に遅れが出る可能性があるという。ヤマトの広報担当者は「適切な人員配置に取り組む」と話した。