ビール大手4社の発泡酒や第三のビールを含むビール類の4月の販売実績が15日出そろい、全社が前年同月比で2桁の減少幅となった。新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言で、多くの飲食店が営業時間を短縮したり、臨時休業したりしたため、業務用ビールの需要が大きく落ち込んだ。

 キリンビールはビール類全体が数量ベースで13%減、サッポロビールは21%減、サントリービールは24%減だった。アサヒビールは売上金額ベースで34%減。ビールが6割以上のマイナスとなる社もあり、全体を押し下げた。