政府は27日、一般会計歳出総額31兆9114億円となる2020年度第2次補正予算案を閣議決定した。25兆6千億円だった1次補正を抜き、補正予算としては過去最大となり、民間投資を含めた事業規模は117兆1千億円程度に達する。新型コロナウイルスによる経済危機を克服する追加対策として、雇用維持や企業の資金繰り支援を強化する。

 財源は全額を国の借金である国債で賄う。新規国債発行額は当初予算と1次補正を合わせた20年度全体で過去最大の90兆2千億円に上り、歳出の56.3%を借金で賄うことになる。歳出の合計は160兆3千億円に膨らむ。