【ニューヨーク共同】米国の南部や西部で新型コロナウイルスの感染者数が急増し、アップルやウォルト・ディズニーといった米企業の経済活動の再開を阻んでいる。グーグルは今月予定していた米国のオフィスの再開を延期した。

 アップルは3月に全米約270のアップルストアを休業し、5月に営業規制を緩和した州で再開した。しかし、感染者数の増加を受け、6月に南部のフロリダ州やテキサス州などで再び休業。米メディアによると、2日までに30店舗を追加で閉め、再休業は計77店となる。