【サンパウロ共同】アルゼンチン政府は5日、米機関投資家らと行ってきた計約650億ドル(約7兆円)に上る債務の再編交渉を8月4日までさらに延長すると発表した。6月に交渉期限を7月24日まで延長すると発表していた。アルゼンチンは5月22日が期限だった約5億ドルの利払いを実行せず、6年ぶり9回目のデフォルト(債務不履行)に陥った。

 政府側は6月に当初提示していた3年間の返済猶予を2年間に短縮するなど譲歩したが、債権者側と折り合いが付かず、4月から続く交渉は決裂も危ぶまれていた。交渉期間をさらに延ばすことで、新たな条件を提示して歩み寄りの可能性を探る。