NECは13日、顔認証や映像解析技術で社員の行動を判別し、業務の利便性を高める実証を東京都内の本社ビルで始めた。顔認証の入退場ゲートはマスク着用でも通過が可能で、トイレや食堂の混雑状況はパソコン上で確認できる。デジタル技術の活用でオフィスを変革し、新型コロナウイルス感染症に伴う新たな働き方を推進する狙いだ。

 スマートフォンのアプリで社員の顔写真を登録し、本人の同意を得た上でサービスを利用する。各種技術の活用で各部署の出社率や会議数、ファイルの共有使用率などのデータが一目で分かるほか、在宅勤務で難しくなる社員の業務管理もしやすくなる。