20日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落し、終値は2万3000円を割り込んで約1週間ぶりの安値を付けた。米国の強力な金融緩和を支えとした経済の持ち直しへの期待が弱まり、売り注文が出た。

 終値は前日比229円99銭安の2万2880円62銭。東証株価指数(TOPIX)は14.53ポイント安の1599.20で、終値として約1週間ぶりに1600を割り込んだ。

 19日の米株安を受けて朝方から売り優勢で推移した。米中対立を背景とする20日の香港株安が響き、平均株価の下げ幅は午後に拡大した。