外食大手コロワイドは9日、定食チェーンの大戸屋ホールディングス(HD)に対する株式公開買い付け(TOB)が成立したと発表した。大戸屋HDが反対する敵対的買収となったが、株式の保有比率は46.77%に達し、買い付け目標の下限の40%を上回った。今後は大戸屋HDに臨時株主総会の開催を求め、コロワイド側の取締役を送り込み、業績の立て直しを急ぐ。

 コロワイドはTOBの実施前に大戸屋HDの株式を19.16%保有しており、今回の成立で46.77%を保有することになる。