政府が、下請け企業への決済で使われる約束手形の支払期限を「60日以内」に短縮する検討に入ったことが11日、分かった。大半の業種で現行の期限の2分の1に当たり、取引の発注者側に迅速な支払いを求める。