大手百貨店4社が1日発表した9月の既存店売上高(速報)は、前年同月の実績と比べて約3〜4割の減少となった。コロナ拡大による客足減少が続くほか、昨年9月に消費税増税前の駆け込みで需要が増えた反動減もあった。

 大丸や松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングは40.6%減、高島屋は35.2%減、三越伊勢丹ホールディングス(HD)は32.7%減、そごう・西武は29.1%減だった。各社とも8月と比べ減少率が拡大した。

 訪日外国人客向けの免税売上高も引き続き厳しい状況だ。大丸松坂屋、三越伊勢丹HD、高島屋が約93〜97%減少したほか、そごう・西武は約80%減った。