関西電力が12月に総額600億円規模の社債発行を検討していることが17日、分かった。金品受領問題の発覚後、信頼回復を最優先にして発行を見送ってきたが、環境が整ったと判断したとみられる。