成田国際空港会社(NAA)は26日、2020年9月中間連結決算で、純損益が424億円の赤字だったと発表した。同社によると、04年の民営化後、中間期として初の赤字となった。新型コロナウイルスの感染拡大で、旅客便が大幅に減ったことが主因としている。前年同期は183億円の黒字だった。

 同社によると、売上高に当たる営業収益は前年同期比73.8%減の332億円で、04年以降最も低かった。

 21年3月期通期の業績予想では、営業収益を前期比71.2%減の683億円、純損益を783億円の赤字とした。