ファーストリテイリング傘下のカジュアル衣料品店ユニクロは19日、自社で開発したスマートフォン向け決済サービス「ユニクロペイ」を始めたと発表した。来店客の利便性向上のほか、購買履歴を収集しやすくすることで商品の生産や販売などの効率化も図る。

 決済サービスは、ユニクロの専用アプリに銀行口座かクレジットカードの情報を登録して使う。店頭での会計時にアプリのQRコードを提示すれば支払いでき、国内にあるユニクロのほぼ全店で使用できる。登録時には本人確認を強化するための「2段階認証」も採用している。

 今後は同社の通販サイトなどでの将来的な導入も検討しているという。