米大統領に就任したバイデン氏に対し、日本の経済界からは21日、「国際協調を重視する方針を示しており、大いに期待している」(経団連の中西宏明会長)など、各国との関係強化に向けたリーダーシップや手腕を求める声が相次いだ。

 中西氏は「改めて国内の結束を図り、世界第1の大国として輝きを取り戻してほしい」とコメント。新型コロナウイルス禍で打撃を受けた世界経済の回復と、国際秩序の再構築には「米国の力が必要だ」とも訴えた。

 日本としては、同盟国である米国との関係を発展させることや、環太平洋連携協定(TPP)への米国復帰を働き掛けることが必要だとした。