三菱重工業が4日発表した2020年4〜12月期連結決算は、純利益が前年同期比96.7%減の33億円だった。事業を凍結したスペースジェット(旧MRJ)関連で1千億超の損失を計上したことが響いた。