三菱重工業が4日発表した2020年4〜12月期連結決算は、純利益が前年同期比96.7%減の33億円だった。事業を凍結した国産初のジェット旅客機スペースジェット(旧MRJ)関連で1031億円の損失計上が響いた。株式譲渡に伴う利益などを計上し、570億円の赤字だった9月中間決算から黒字に転換した。

 売上高は8.9%減の2兆6033億円だった。新型コロナウイルス禍で、米ボーイング向けの航空機部材や自動車関連の売り上げが減少した。脱炭素の動きが強まり、石炭火力発電事業の収益も悪化した。