総務省が19日発表した1月の全国消費者物価指数(生鮮食品を除く)は、前年同月比0.6%下落の101.4だった。前年を下回るのは6カ月連続。

 新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、政府の観光支援事業「Go To トラベル」が全国で一時停止された影響で、マイナス幅は前月と比べて0.4ポイント縮小した。

 生鮮食品とエネルギーを除いた1月の指数は0.1%上昇の102.0だった。