【北京共同】英調査会社IHSマークイットは1日、中国の2月の景況感を示す製造業購買担当者指数(PMI)が50.9だったと発表した。前月から0.6ポイント下落し、3カ月連続で前月を下回った。好不況を判断する節目となる50は10カ月連続で上回った。

 新型コロナウイルスの世界的な再流行により販売が苦戦。とくに輸出の業務量が落ち込んだ。

 各種規制による供給の停滞や、原材料価格の高騰も企業の負担となっている。ただ、業界の先行きに対する見通しは楽観的だとしている。

 中国当局が2月末に発表したPMIも50.6となり、3カ月連続で下がった。