JR西日本が30日発表した2021年3月期連結決算は、新型コロナウイルス感染拡大で旅客が大幅に減少し、純損益が2332億円の赤字(前期は893億円の黒字)だった。1987年の民営化以降、最大の赤字額となった。22年3月期は需要回復や経費削減で黒字転換を図る。

 売上高は前期比40.4%減の8981億円。新型コロナの影響額は6080億円と見積もった。主力の鉄道に加え、商業施設の運営など流通事業も振るわなかった。本業のもうけを示す営業損益は2455億円の赤字(前期は1606億円の黒字)だった。

 単体ベースの運輸収入は、新幹線が約6割、在来線が約4割減った。