トヨタ自動車は10日、静岡県裾野市で建設中の次世代技術の実験都市「ウーブン・シティ」で使う水素を巡り、ENEOS(エネオス)と協力すると発表した。二酸化炭素(CO2)を排出しない水素を用いる車両や発電を実証し、社会全体への普及を目指す。

 エネオスが太陽光などの再生可能エネルギーで作った水素をウーブン・シティに供給。燃料電池車(FCV)による物流や、水素を活用した定置式の発電設備に利用する。水素がビジネスとして成り立つために必要な消費の規模を探り、水素を供給するステーションなどのインフラの普及に役立てる。

 ウーブン・シティはトヨタの工場跡地に建設中。