財務省は8日、韓国が化学品「炭酸カリウム」を不当に安い価格で輸出しているとして、不当廉売関税を5年間、課す方針を決めた。3月から4カ月間の暫定措置として30.8%を既に課している。韓国側の反論の内容を検討したが、7月以降も継続する。

 炭酸カリウムは液晶パネルのガラス類や中華麺に添加する「かんすい」の原料として用いられている。韓国は世界最大の輸出国で、韓国国内よりも安い価格で日本に輸出していた。国内生産者が損害を被っており、引き続き保護が必要と判断した。

 今月8日に開いた財務省の関税・外国為替等審議会の分科会が了承した。