3日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=109円台後半で取引された。

 午前10時現在は前日比12銭円高ドル安の1ドル=109円88〜92銭。ユーロは26銭円安ユーロ高の1ユーロ=130円57〜61銭。

 前日の米長期金利が下落し、日米の金利差の縮小が意識されたことから、円を買ってドルを売る動きが優勢だった。米雇用統計の発表を控え、持ち高調整を目的とした円買いドル売りも出て、円の上げ幅が拡大する場面もあった。