3日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続伸した。前日の米国株式市場でダウ工業株30種平均が反発したことが好感され、東京市場でも買い注文が先行した。前日終値に比べた上げ幅は一時300円に迫った。

 午前終値は前日終値比243円84銭高の2万8787円35銭。東証株価指数(TOPIX)は15.82ポイント高の1999.39。TOPIXは取引時間中としては約5カ月ぶりに2000を付ける場面もあった。

 2日発表の米新規失業保険申請件数が約1年5カ月ぶりの低水準だったことから、米経済の回復が順調に進んでいるとの見方が広がった。