消費者庁は3日、家電量販大手のビックカメラと子会社「ビック酒販」が酒類や雑貨の通信販売で事実と異なる原産国を表示し、景品表示法違反(原産国の不当表示)に当たるとして再発防止命令を出した。