日本郵便と佐川急便は10日、個人向けサービス分野での提携を10月から順次拡大すると発表した。新型コロナウイルス流行でインターネット通販が急拡大して需要が増える中、配送網やサービスを相互に活用することで、投資を抑えながら受注拡大につなげる。

 今回の提携で、日本郵便は顧客から引き受けた保冷品の一部を、冷凍・冷蔵サービスに強みを持つ佐川急便に配達してもらう。日本郵便は冷蔵施設を増やさなくても保冷品をより多く引き受けられるようになる。

 佐川急便は、日本郵便の小型宅配便「ゆうパケット」を扱う。佐川急便が顧客から荷物を預かり、日本郵便が届ける。