【北京共同】中国当局が電子商取引(EC)最大手アリババグループのアプリ決済サービス「アリペイ」の事業分割を計画していることが13日、分かった。少額ローンなどの金融部門を切り離し、別の独立したアプリ事業にする。英紙フィナンシャル・タイムズが報じた。

 中国当局は決済や融資業務で利用者の膨大なデータを独占するアリペイの影響力を警戒している。分割により当局の監視体制を強化し、存在感を弱める狙いがあるとみられる。

 アリペイはアリババ傘下のアント・グループが運営。中国では多くの身近な場面で使えるスーパーアプリとして浸透している。