1日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅続落した。米国でサプライチェーン(供給網)の混乱による経済への悪影響や政府の債務不履行懸念から前日に米株式市場が下落したことが相場の重荷となった。前日終値比の下げ幅は一時600円を超え、約1カ月ぶりに2万9000円を割り込んだ。

 午前終値は前日終値比590円83銭安の2万8861円83銭。東証株価指数(TOPIX)は41.15ポイント安の1989.01。

 前日の米国市場では、物流の滞りや人手不足が経済再生の足かせになっていることが嫌気され、ニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均が大きく下落した。